ROUTe

ROUTeのインスタグラム ROUTeTwitter ROUTeのFacebook ROUTeのmailmagazine

2022.12.25

360度の大パノラマ! 日帰りで行ける御所浦・烏峠へ日帰りトレッキング

熊本県・天草の海上に浮かぶ島、御所浦(ごしょうら)。ここは恐竜の化石が発掘されたことで「恐竜の島」としても有名ですが、近年は天草屈指の絶景スポット「烏峠(からすとうげ)」が注目を集めています。ルート上にはチェーンソーカービンクという珍しいアートもあります。日帰りでも行ける360度絶景の烏峠トレッキングへ行っきました。

烏峠トレッキングDATA
標高:442m
歩行距離:約4.5㎞
歩行時間:片道約2時間

モデルプランなどはこちらクリック https://www.goshoura.net/arakuchi-trekking/   

フェリーで御所浦島へひとっ飛び

烏峠のある御所浦は海に囲まれた島にあるため、フェリーで渡ります。フェリーの発着は水俣港か棚底港を利用するのがお勧めです。車や公共交通機関を使って港まで行き、車の方は車を停めてフェリーで御所浦へ向かいます。

水俣港からは約40分、棚底港からは約30分で渡ることができます。各港に夕方戻ってくる便もあるので日帰り旅行もできますよ。

※水俣港駐車場は無料。棚底港駐車場は100円/12時間。

各港には待合所やトイレがあるので安心

 

フェリーに乗ると一気に旅行気分♪

 

※写真は水俣港

 

■定期船
〈水俣港発着〉※いずれも海上タクシー、事前予約制
水俣港→御所浦港行き
8:30発→9:10着、13:30発→14:10着、17:00発→17:40着
御所浦港→水俣港行き
7:30発→8:10着、12:00発→12:40着、16:00発→16:40着

〈棚底港発着〉
棚底港→御所浦港行き
(始発)6:40発→7:10着、7:10発→7:30着、7:45発→8:20着、8:10発→8:55着
御所浦港→棚底港行き
17:00発→17:45着、17:30発→17:50着、17:45発→18:05着、(最終便)17:50発→18:20着
※往路は最初の4便、復路は最後の4便のみを表記。他の時間帯はHPにて確認を

  

 

いよいよ御所浦島へ

フェリーに乗って30分~40分で御所浦港に到着します。

ここから烏峠トレッキングの登山口である「嵐口(あらくち)登山口」まで歩いて30分ほどかかるため、タクシーやレンタサイクルの利用がおすすめです。

御所浦港の目の前にある「物産館しおさい館」では、タクシーと登山弁当、オリジナル手ぬぐいがセットになったお得なプランなどがあるのでぜひ活用してくださいね。

しおさい館でお弁当などを受け取って、タクシーに乗込んで登山口までレッツゴー!

しおさい館で登山弁当を受け取り

 

登山口まではタクシーで約5分

 

 

天草と御所浦島の美味しさが詰まった登山弁当汁も少なく、ザックに入れても崩れにくい登山に適した弁当です。烏峠トレッキングに行くならぜひ持っていきたい1品です。

手ぬぐいセットバージョン

 

天草や御所浦産の海の幸ももちろん入っている

 

【お弁当や手ぬぐい、タクシーのセットプランについてはコチラから】

https://www.goshoura.net/arakuchi-trekking/

 

嵐口登山口からトレッキングスタート

タクシーを降りて登山口まで移動し、いよいよ烏峠トレッキングスタート。途中にも登山口への標識があるので迷わず行けます。

登山口標識はコチラ

 

可愛い猫がお出迎えしてくれるかも

 

登山口からしばらくは、民家の中を抜けて行きます。分岐箇所には標識が立っているので見落とさずに歩いて行きましょう。

登山道入口は黄色い建物が目印

 

最初は樹林帯を歩きます

民家を抜けて登山道に入るとしばらく樹林帯を歩きます。展望が少し開けたところから急登が続きます。急登を抜けるとある程度平坦な道になるので、急登中は焦らずゆっくり登っていきましょう。

登山前に登山届は必ず提出を

 

地面が滑りやすいのでゆっくり焦らずに

 

急登を抜けると展望が開けた場所にでるのでそこで休憩を。登山口近くの港や街並みが見えます。ここからはある程度、平坦な道になります。

ここからの海と街並みの眺望は、急登のご褒美

 

稜線歩きから展望所へ

急登を抜けたらゆるやかな登りと下りの稜線歩きが続きます。しばらく歩くと天草上島本島や八代・水俣までが見渡せる場所があります。晴れていればここからの眺望がいままで歩いてきた疲れを癒してくれますよ。

ここで一回目の絶景を望むことが出来る

 

さらに進むと、ベンチのある展望所に着きます。

ここに1体目のチェーンソーアートがあります。この他にブランコもあり、こういったスポットで楽しませてくれるのも烏峠の魅力です。

天草本島や雲仙まで見渡せる展望所

 

絶景を背景にブランコを楽しみました!

 

チェーンソーアートは全部で4体。各アートの前には題名が記載されている看板があるのが目印。1本の木をチェーンソーでカットしていったとは思えないほど繊細に作成されています。お見逃しなく!

登山道に突如現れるアートを楽しんで

 

360度パノラマ! 烏峠山頂へ到着

チェーンソーアートを4体過ぎたら山頂までもう少し頑張りましょう。山頂の展望所では、天草本島や多島海の360度絶景が楽しめます。晴れていれば雲仙まで見ることもできます。

この階段を上がれば山頂はすぐそこ

 

360度の絶景があなたを待っている

 

展望所近くには石で作ったテーブルで所々にあるので、お弁当を広げてランチタイムが出来ますよ。
この日の弁当は、おにぎりと魚のすり身、魚フライ、卵焼き、ウインナー、漬物、トマトなど。季節や仕入れによって内容は変わります

展望所すぐ近くにも石のベンチがある。お弁当食べ終わった後は、丸めてコンパクトに出来る

 

展望所やテーブル、ベンチ以外にも、東屋、トイレもあるので絶景やランチを楽しんだ後もゆっくりくつろぐ事が出来ます。東屋は20人位は入れるスペースがあるので大人数でも安心。

男女別の水洗トイレも設置されている

 

下山後はしおさい館でお買い物。フェリーを待ちます

下山後は、タクシーで「しおさい館」へ戻り、フェリーの時間までお買い物などをして待ちましょう。ここには、御所浦の魚やすり身などの新鮮な海の幸がある他、お土産物も揃っています。テイクアウトカフェやアイスなどもあるので、食べながら飲みながらフェリーを待つ事ができます。

海の幸をお土産に買って帰ろう

 

 

御所浦物産館「しおさい館」

営業時間/8:30~17:50
休み/1月1日

熊本県天草市御所浦町御所浦4310-8 0969-67-1234   

 

日帰りでも宿泊でも行ける烏峠トレッキングへ

今回は、日帰りでも行けるモデルプランの紹介でしたが、もちろん旅をもっと満喫したい方は泊まってみるのもおすすめです。 ホテルや民宿、トレッキング後に楽しめるアクティビティなども揃っていますよ。

360度絶景が待つ「烏峠トレッキング」へぜひ一度行ってみませんか?

【烏峠トレッキングプランについてはコチラ】
https://www.goshoura.net/arakuchi-trekking/

【御所浦観光についてはコチラ】
https://www.goshoura.net/